NEWS

2019.10.05 技能実習生3名がミスギ工業にきて1年が経ちました。無事に基礎級も合格し晴れて2号実習開始となりました。3人とも仕事も日本語も上達し、ますます頑張っています。

2019.10.01 コスモ石油堺製油所殿の定修工事において弊社、清水昭充君が安全表彰を頂きました。今後も安全作業で、頑張りましょう。

2019.06.11 技能実習生3名の基礎級技能検定試験を受験しました。インドネシア人の3名はお疲れ様。合否はまだわかりませんが、これまでにましてか頑張っていろいろ覚えてください!次は日本語検定試験です!

2019.05.11 倉敷市水島商店街で行われた「ISU1 GP」にミスギの中井、島村、サデワが参加しました。ISU1(2時間耐久)には残念ながらエントリーできませんでしたが、ISU2(1時間耐久)で見事完走いたしました。参加した3人、及び応援に来てくれた社員の方々、お疲れさまでした!!

2019.01.01 謹賀新年 旧年中は各方面の方々に大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018.10.05 新たな仲間として、インドネシアからの技能実習生3人(サデワ君、イムロン君、バガス君)を受け入れしました。これから皆とともに、どんどん技能を習得して成長してください。日本人社員も彼らのハングリー精神に負けずに頑張ってください!

2018.7.10  この度の、「平成307月豪雨」において、多くの死傷者、被災者の方々、およびご家族の方々へ心からお悔やみ申しあげます。また怪我をされた方や避難所生活を余儀なくされている皆さまについても、心よりお見舞い申し上げます

多数の関係各社様から弊社へご一報をいただきまして、ご心配をおかけいたしました。お心遣い大変感謝いたします。

弊社については残念ながら3人の社員が被災することとなりました。しかしながら不幸中の幸いにも何れも命に別条はありませんでした。そのような中、予期せず関係各社様にご迷惑をおかけすることがあるかと存じますがご容赦ください。

今後、ともよろしくお願い申し上げます。

2018.4.2 4月になり新年度が始まりました。弊社新入社員1名が新たな仲間に加わりました。関係各位よろしくお願いいたします。

2017.12.25 弊社吉田道章君が、品川ファーネス㈱福山事業所様の工事において募集されていた2018年 安全衛生標語において金賞を受賞しました。今後も会社全体で本標語を実践できるよう頑張ります。

『変わる状況 変わらぬ基本 安全意識でゼロ災害』

2017.12.12 弊社と共に倉敷地区で切磋琢磨しあってきた創点工業株式会社殿と2018年1月より1つの会社として合流することとなりました。新生ミスギ工業として、今後ともよろしくお願いいたします。

2017.12.01 2018年1月5日より弊社インフラ点検事業部を独立させ、「テクノドローン株式会社」を新たに設立いたしました。今後ドローンを活用した、プラント等内部点検、インフラ関係の点検、写真・動画撮影、及び3D画像解析他を主として営業活動を開始いたします。詳しくはテクノドローン社HPにて。

2017.8.1 8月1日にて弊社創立10週年となりました。日頃お世話になっております皆様に感謝申し上げます。

炉の中がミスギ工業の仕事場

ミスギ様マーク_トリミング

”炉”と聞いて何を思い浮かべるだろうか?
小学生の頃に見学した製鉄所の真っ赤に燃えて流れる鉄を溶かす「溶鉱炉」、陶芸家が造った焼き物の皿や茶碗などの作品を焼成する「陶芸窯」、年末の大掃除で出たゴミを持っていく各市町村の「焼却炉」

例に挙げた炉のほかにも、工業地帯を見渡した時に見える煙突の下には、ほぼ間違いなくなんらかの”炉”がある。
製鉄所、化学プラント、製紙会社、セメント工場、ごみの焼却場 等々、あらゆる工場の中で火を燃やし続ける”炉”

そこがミスギの仕事場です。

”炉”の中はどうなっているかというと、通常、そのプラントや装置が稼働中の場合、600℃~1600℃以上の大変な高温になります。当然その炉を形作っているケーシングは、多くの場合金属ですので、直接それほどの高温にさらされると、一瞬で溶けたり変形したりしてしまいます。そこで炉の内部の、火からケーシングを守るために、”耐火材”というものを使って、そのケーシングを守るものが必要となります。

ミスギは各種耐火材を最適な状態と施工法を駆使し”炉”を築きます。


この炉を築くことが、ミスギ工業の仕事です。

ミスギ工業株式会社の特色

会社創業以来、一貫して不定形耐火物工事を主として日本各地の耐火物工事に携わっています

1.安全第一とコンプライアンス遵守

現場で安全作業を最重要項目とし作業を行います。有資格者作業を徹底し各作業の作業主任者の選任を的確に行います。現場以外においても、各作業員の安全意識の向上と安全遵守を徹底しています。昨今の建設業において、社会保険、雇用保険について、厳しく遵守を求められます。ミスギ工業は弊社社員だけでなく協力業者においても、コンプライアンスに準拠した施工体制を確立します。

2.あらゆる耐火材施工に対応

流し込み施工、塗り込み施工、ラミング、セラミックファイバー、煉瓦積み 他、全ての耐火材にかかわる全ての施工法に対応できる技術と経験を有します。汎用キャスタブルから特殊耐火材まで全ての材料において、施工要領を遵守した正確な施工を行います。

3.町の焼却炉から高炉熱風炉まで

50年に渡る経験の中で、製鉄所の高炉、石油化学工場の石油精製装置、東日本大震災の震災復興炉、煙突内部ライニング工事 他、あらゆる炉を手掛けてきました。その”経験値”がミスギ工業の最大の力であり強味です。まずは「その炉の目的は何か」から工事がスタートします。

4.耐火物工事に関するあらゆる付帯作業に対応

炉内足場組から、耐火材解体、アンカー金物溶接、型枠制作、炉内保守点検、他耐火物に関するすべての業務を、有資者作業で行います。また各種施工方法に必要な工機具や装置について自社で手配管理を行います。

5.耐火物施工の「経験知」

弊社は作業者の経験値を「経験知」として、何にも代えがたい会社の財産であり原動力と考えています。定型、不定形を問わず工法、耐火材の材質、点検 等、耐火材に関するあらゆる問題解決に、弊社の経験と知識をお役立てください。

会社案内

ミスギ工業株式会社
〒712-8032
岡山県倉敷市北畝2-1-25

  • TEL:086-454-3370
  • FAX:086-454-3375
  • MAIL:misugi@vanilla.ocn.ne.jp

・鉄道
水島臨海鉄道「栄駅」下車
徒歩3分
・車
瀬戸中央自動車道
「早島」インターより20分
瀬戸中央自動車道
「水島」インターより15分

Copyright (C) ミスギ工業株式会社 All Rights Reserved.